建築コストの相談室日本建築積算協会

新着情報

2021.06.16

数量積算からコストマネジメントへ!
新時代建築設計からコンストラクション・マネジメントへ!NEW
――BIM新時代には、あなたの仕事が大きく変わる――
『新時代のビジネスリーダー育成EQセミナー』
EQ(人間力・心の知能指数)を高めて、新しい時代のビジネスに対応
◆詳しい内容はこちらをご覧ください。
◆お申込みはこちらからお願いします。

 
『サンプル動画 EQとは何か』 『サンプル動画 ビジネスキャリアにおけるEQの重要性』

2021.06.09

7月1日にオンライン開催される「設備BIMセミナー」をご案内いたします。NEW
ご案内は、こちらから、お申し込みはこちらからです。

2021.06.02

当協会定時総会を6月1日に開催し、新体制となりました。
新役員紹介は、こちらをご覧ください。

2021.05.27

早稲田大学理工学術院総合研究所が主催して、2021年7月2日(金) 13:30ー17:00に「第2回BIMによる建築生産と施設運用の高度化に関する シンポジウム―デジタル・トランスフォーメーションによる異業種の融合―」が開催されます。

詳しくは、案内ポスターをご覧ください。

2021.05.27

積算学校をWEB上で開校いたします。
詳しい内容は、こちらをご覧ください。
お申し込みは、こちらからお申込みください。

2021.05.24

積女ASSAL委員会活動を紹介した動画です。

2021.04.05

分類体系 Uniclass2015 日本語訳の公開について
(公社)日本建築積算協会情報委員会では、BIM(Building Information Modeling)データが将来的に建設業界全体の社会インフラとして整備されることを見据え、 2017年から建設分類体系に関する調査を実施してまいりました。

BIMデータと分類体系が適切に結びつくことにより、建設業界全体でデータを効率的に利活用することが期待できます。

この建設分類体系を検討するに際し、国際標準であるISO12006-2:2015に準拠し、かつ建設プロジェクトにおける様々な要素やデータを複数の視点から明快に定義ができる、 ファセット型の建設分類体系「Uniclass2015」を採用することにいたしました。

併せて、私たちは今後日本での利用拡大を目的として、この「Uniclass2015」の日本語訳を行っており、今回2020年度のパブリックコメントおよび 第三者チェックの内容等を反映したUniclass2015JP_V4.0をとりまとめました。今後の普及や更新にも柔軟に対応できるように、テーブル間の整合性を重視し、 よりわかりやすい用語や表現方法としております。

今後は、Uniclass2015の継続的な追加更新にも対応していきながら、建設製品・資材に関する項目や土木分野のより専門的かつ技術的な内容については、 日本の商習慣や製品等に即した内容に改良を重ねていく必要があります。引き続き皆さまからの忌憚のないご意見お待ちしております。

Uniclass2015翻訳データv4.0はこちらよりダウンロードをお願いします。
Uniclass2015JP_v4.0.xlsx(2021.04.05)

ご意見やコメントにつきましては、下記メールアドレスにお送りいただければ幸いです。 送付先メールアドレス:hp@bsij.or.jp

行政情報検索システム

各種届出用紙

ページのトップへ戻る